ジャニーズだってチケットキャンプの転売OKしたい?なぜダメなの?

コンサート

チケット転売仲介サイトの「チケットキャンプ」が、芸能プロダクション「ジャニーズ事務所」の商標権を侵害したとして、商標法違反・不正競争防止法違反の疑いで当局の捜査が入ったそうです!

これによって、チケキャンはチケットの新規出品や購入申し込みなどを一時休止することを発表しました。

これまでチケキャンを利用していたジャニーズファンにとっても混乱が起きています。

その多くは購入済みのチケットや取引中のチケットの扱いがどうなるのか心配しているようですね。

なぜチケキャンに捜査が入ったのか?

チケキャンが必要とされてるのはなぜ?

ジャニーズがチケキャンの代わりに転売出来ないのか?

それともジャニーズは転売したくないのか?

この辺りの疑問を調べてみたいと思います!

チケットキャンプはなぜダメなのか?

すでに様々なメディアで報じられていますのでサクッとポイントだけ。

・チケキャンのビジネスである転売サイトの運営は民事事件の扱いであり警察は関係ない

・今回の捜査理由は商標法違反(これは転売とは異なり刑事罰の対象)

つまり、チケキャンが「ジャニーズ」というブランド名(商標)を
無断使用していたのが違反行為に当たるというのです。

報道されている通り「ジャニーズ応援キャンペーン」とかですよね。

人の名を勝手に騙り、収入を得てはいかんよ、と。

これは誰でも理解できる話ですが、なぜチケキャンはこれほど人気を集めたのでしょうか?

Sponsored Link

チケットキャンプを利用する理由とは?

チケキャンの利用者が多いのには理由がありますよね。

色々な情報をみていると、今回の捜査で俗にいう「転売屋」に対するコメントが多いように見えます。

転売目的で購入することはそもそも違法です。

「もともと転売するためにチケットを購入して売り払った」という証拠でも上がれば即刻逮捕できます。

しかし、「初めはコンサートに行くつもりで購入した」けれど、何かしらかの事情により行けなくなったため「定価以上の金額で」転売することは違法ではないのです。

この証拠が上がらないと逮捕できないから捜査が難しいんでしょうね。

ジャニーズ主催のコンサートで転売屋業界でどれだけ儲けているのかは不明ですが、今回の記事の主旨とは直接関係ないので省きます。

あくまでも一般的なファンのケースで調査して行きたいと思います。

購入者側(客)の理由
・そもそもチケットが人気で正規で手に入れることが出来なかった
・(コンサートによっては)正規料金よりも安く購入できる

販売者側(主催者)の理由
・正規で購入したものの、病気や何かしらかの理由で行けなくなった

理由をシンプルに突き詰めてみればこんな感じではないでしょうか。

Sponsored Link

ジャニーズが転売してくれれば解決する?

先ほど説明した理由を主催者のジャニーズ事務所(主催者)からの視点でどう思っているのかを推測してみたいと思います。

購入者側の理由

・そもそもチケットが人気で正規で手に入れることが出来なかった

これはジャニーズサイドとしてもどうしようもないと思います。

全てのお客さんがチケットを手に入れられるように公演回数を増やすことは出演タレントにとっても過労になりますし、ビジネス運営上赤字になるリスクもあります。

いうまでもなく会場の席数を増やすことも物理的に不可能です。

・(コンサートによっては)正規料金よりも安く購入できる

お分かりの通り、ジャニーズのコンサートでこれはあり得ないでしょうw

チケットが売れ残るどころか売り切れになるわけですから。

さすが国民的アイドルを育ててきたジャニーズです!

つまり、ジャニーズにとって購入者側のチケキャン利用の理由は関係ありません。

販売側の理由

・正規で購入したものの、病気や何かしらかの理由で行けなくなった

1人でも多くのファン(チケット購入者)に楽しんでもらいたいが、

ファンの一方的な都合でコンサートに来れない場合の代金返済には応じられない。

ここが重要なポイントではないでしょうか?

先ほども伝えた通り、ジャニーズのコンサートチケットが売り残る可能性は非常に低いわけです。

当日、風邪を引いてしまったり、家族の不幸など、色々な理由で購入したチケットを使えない人はいるはずです。

ジャニーズ事務所が本当にファンを大切にしているのであれば、ドタキャンOKなシステムを導入することも検討して欲しいと思います。

再販枠や当日券のシステムはよくありますよね?

※ジャニーズは一部舞台系は当日券アリですが、コンサートには存在しないそうです。

実際にコンサートに行けなくなったチケットをジャニーズ事務所が買取って再販してほしいという声も多く上がっています。

チケキャンなどの転売サイトに対して「転売屋撲滅目的」で取り締まることも重要だと思いますが、ジャニーズ単体でも対策は打てるようにも感じるのです・・・。

Sponsored Link

ジャニーズ事務所は自社で転売出来ないのか?したくないのか?

ジャニーズ事務所の真意は図りかねますが、現状のチケットオーダーシステムでは対応しておらず、システムを導入するにはそれなりのコストがかかると思われます。

年間トータルで何百万人も動員すれば、なおさら大規模なシステムが必要となるでしょう。

それだけの投資をしてでも自社の利益、そしてファンの利益を守る意思があるか?

転売サイトの営業阻止や転売活動の撲滅を訴えるのと同時にやるべきことはあると思います。

現在、ジャニーズのコンサートでは顔認証システムの導入などが話題になっています。

転売対策としては効果があると思いますが、同時に本当のファンの選択肢を引き締めてしまうでしょう。

つまり購入した限りは、どのような理由があっても転売できない。

ここに一種の不条理を感じてしまうのは管理人だけでしょうか?

Sponsored Link